爆益を狙えるトレンド相場のトレードを実践解説!焦らず利確を行おう!

Home » トレード戦略・実践解説 » 爆益を狙えるトレンド相場のトレードを実践解説!焦らず利確を行おう!

どうも、こんにちは!

今回は2022年05月12日のトレードについて解説していきたいと思います。

ポイントとしては以下の通りです。

  • ファンダメンタルズで今後の展開を詳しく読む
  • 利益が伸びそうな時は焦って利確しない

それでは早速見ていきましょう!

ファンダメンタルズ分析

5月11日(水)の米ドル/円は米4月消費者物価指数(CPI)の発表後に乱高下しました。

CPIが前年比+8.3%となり予想(+8.1%)を上回ると米長期金利の上昇とともに130.81円前後まで急伸しています。

しかし、物価高によるリセッション(景気後退)への懸念などから、一転して米長期金利が低下すると130円台を割り込んで反落。
米国株の下落を受けた円買いも入り、一時129.43円前後まで下値を拡大しました。

NYクローズにかけて130円台前半へと値を戻しましたが、前日比0.3%下落して取引を終えており、上値の重さは拭えないでしょう。

市場では、米国の利上げに対する「期待」より、利上げによるリセッションへの「懸念」が強いようです。

そうした中では米ドル/円が131円台に近付けば戻り売りが強まりやすいと考えられます。

仮に5月11日(水)安値(129.43円前後)を割り込めば、次の下値支持と見られる128.70円付近まで下値余地が広がりそうですね。

テクニカル分析

それではテクニカル分析を見ていきましょう。

今回はUSD/JPYでトレードしていきます。

USD/JPY1時間足

まずは、USD/JPY1時間足から見ていきます。

米長期金利の低下などファンダメンタルズの影響を受け、急落してるのがみて取れます。

このままいけば、5月4日の下値である128.70円付近まではレートが下がってくれそうですね。

ということで今回は、この流れに乗って米ドル/円の売りポジションを狙ってエントリーを仕掛けていきます。

それでは、下位足で詳しいエントリーポイントを探していきましょう。

USD/JPY5分足

次はUSD/JPY5分足を見ていきましょう!

5月11日(水)安値である129.43円を下抜けしたので、売りエントリーを狙います。

今回もいつも通り、移動平均線でパーフェクトオーダー、一目均衡表の雲もしっかり出ており、綺麗な下降トレンドのシグナルが出ていたので、129.43円の少し下あたりでエントリーをしました。

今回は129.830円あたりを損切りラインとし、黄色の円の所でエントリーという内容です。

決済ポイントは黄色の四角のところとなりました。

それでは、取引詳細について見ていきましょう。

取引詳細

今回の詳しい取引内容は以下の通りです。

  • エントリー時刻:2022.05.12 09:47:39
  • 決済時刻:2022.05.12 19:06:07
  • スプレッド:2.1pips
  • 取引Lot数:4.00lots(400,000通貨)
  • エントリー価格:129.380円
  • 決済価格:128.125円
  • スワップ損益:0円
  • 損益:485,200円

エントリー価格は129.380円です。

利益目標は、128.70円(63.8pips)あたりに設定して取引を行いました。

損切りポイントは、1つ上にあるレジサポラインである129.830円あたり(-49.2pipsほど)です。

今回は前回の取引までで資金が10,653,130円となったので、それの2%にあたる213,062円を損失許容額とします。

取引通貨量は以下のように計算できます。

取引通貨量=206,062円÷49.2pips×100=433,054通貨(4.33lots)

計算結果は433,054通貨で4.33lotsですが、今回はキリのいい4.00lots(400,000通貨)で取引しました。

取引結果

上記が今回の取引結果となります。

チャートを見てもわかるように予想通り順調にレートは下がっていきました。

しばらく下降してから、一目均衡表の雲を抜ける動きがあったのでそこで決済。

決済価格は128.125円で、損益は+485,200円です。

XMで口座開設すれば今なら13,000円が貰える!

XMでは、新規口座開設者に13,000円のボーナスを提供していて、このボーナスを利用して、リアルトレードを行うことができます。

自己資金を一切使わずにトレードを体験できるため、実質的にノーリスクでFXトレードの経験を積むことが可能です

さらに、トレードで得た利益は出金することもできます。

多くの海外FX業者が様々なボーナスキャンペーンを実施していますが、XMのように自己資金を使わずにトレードできる業者は珍しいです。

ただし、ボーナス額は変更される可能性があるため、早めに口座開設しておくことをおすすめします。

FXトレードを始める絶好の機会なので、減額される前にXMでの口座開設をしてくださいね。

【海外FX】XMにおける口座開設・有効化方法とボーナスの受け取り方

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回のトレードでは利益をうまく伸ばして利確することができたと思います。
今回の損益+485,200円と前回までの利益分5,653,130円と合わせると損益合計は6,138,330円です。

前回までの資産 今回の損益 資産合計
10,653,130円 +485,200円 11,138,330円

今週のように利益目標に到達しても、まだトレンド継続のジグナルが出ている限りは焦って利確する必要はありません。
逆指値を置いておけば利益がなくなるという心配もないので焦らず相場の行く末を観察して利確しましょう。
このサイトでは、毎週トレード実践解説記事を投稿していますので、よかったら参考にしてくださいね。

最後まで拝読いただき、ありがとうございます!

監修者:あん

監修者:あん

大学で経済学の学位を取得後、投資に興味を持つ。為替市場の基礎知識と取引の経験を積み、相場を研究し尽くした独自の手法で資産1億円を突破。投資歴10年のプロトレーダー。そこで得たノウハウや知識を発信。

Tradexfin Limitedは、セーシェル金融庁による規制のもと、証券ディーラーライセンス番号SD010を所持しています。個人情報保護方針クッキーに関する方針契約条件についてもご確認いただけます。

Fintrade Limitedは、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)から証券ディーラーライセンス番号GB20025835を取得し、規制を受けています。個人情報保護方針クッキーに関する方針契約条件に関する詳細もご覧いただけます。

TPS Management Limitedは、キプロスのニコシアに位置するSteliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364を拠点としています。また、TPS Management LimitedはTradexfin Limitedによって完全に所有されています。

FXおよびCFD商品取引には投資元本を失う可能性が高いリスクが伴います。Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示を詳しくお読みいただき、リスクについて充分にご理解いただけますようお願い申し上げます。

以下の国々の国民または居住者に対して、当社のサービスへのアクセスが制限される場合があります(これらに限定されない):

アルバニア、バハマ、バルバドス、ボツワナ、カンボジア、ガーナ、ジャマイカ、モーリシャス、ミャンマー、ニカラグア、パキスタン、パナマ、シリア、ウガンダ、イエメン、ジンバブエ、フィリピン、トルコ、ヨルダン、アフガニスタン、アンギラ、バヌアツ。

アメリカ合衆国、カナダ、EU諸国、イラン、北朝鮮、ベリーズの市民には、弊社のサービスは提供されていません。

ご利用いただくためには、お客様は18歳以上であるか、ご自身の国の法定年齢を満たしている必要があります。口座を登録される際は、XMTradingへの登録が自己意思に基づくものであることを認識していただけますようお願い申し上げます。