海外FX業者XMで両建ては可能?両建ての基礎知識やメリットについても解説!

Home » XMレビュー情報 » 海外FX業者XMで両建ては可能?両建ての基礎知識やメリットについても解説!

みなさん、どうもこんにちは!

突然ですが、皆さんは「両建て」という取引手法をご存知でしょうか?

両建てを上手に利用できれば利益を伸ばす大きな武器となるのですが、海外FX業者の中には禁止している業者も存在します。

果たして、XMでは両建て取引が可能なのでしょうか?

今回は、海外FX業者XMでの両建て取引のルールや両建ての基礎知識、メリットについて徹底解説していこうと思います!

海外FX業者XMでの両建て取引のルール

海外FXでは両建て取引を禁止しているところもあれば、許可している業者もあります。

中には、「どんな両建て取引でもOK」と、両建てに関してのルールが緩い海外FX業者もありますが、一部ルールを設けた上で両建て取引を許可している多い印象です。

それでは、海外FX業者XMでは両建て取引に対してどのようなルールを設けているのでしょうか?

XMの公式ホームページで両建てを認めている

まずは、海外FX業者XMで両建てが認められているとということですが、XMでは両建てが認められています

実際にXMの公式ホームページでも、次のように記載されています。

両建て取引を認めていますか?

はい、認めています。1つの取引口座でポジションを両建ていただけます。両建ては、同じ銘柄で「買い」と「売り」両方のポジションを同時に開いた場合に成立します。FX、ゴールドおよびシルバーを両建てをする際、両建てポジションの必要証拠金はゼロであるため、証拠金維持率が100%未満でもポジションを建てることができます。

XMのよくある質問より引用

XMで両建てすることは問題ありません。

ただし、一部禁止事項に触れる両建て取引もあるので、両建てルールをしっかり確認する必要があります。

XMでは「同一口座内・同一通貨ペアの両建てのみ可能」

海外FX業者XMでは「同一口座内・同一通貨ペアの両建てのみ可能」というルールが設けられています。

たとえば、XMのスタンダード口座を開設したとします。

この時、開設したスタンダード口座で1ロットでドル円を買いエントリーし、同じ口座を使い、1ロットでドル円を売りエントリーしたとき、両建て取引となります。

上記のケースではXMのルールにおいて禁止行為となりません。

しかし、スタンダード口座で1ロットでドル円を買いエントリーし、他の口座(XMで持っている他の口座や他社の口座)を使い、1ロットでドル円を売りエントリーしたとき、禁止行為と見なされ、口座凍結といった厳しい処罰がくだされます。

XMでは「同一口座内・同一通貨ペアの両建てのみ可能」というルールを遵守して両建て取引を行うようにしましょう。

海外FXで用いられる両建て取引とは?

そもそも、両建て取引とは一体どのような取引方法のことを意味しているのでしょうか?

まずは、両建てに関する基礎知識について確認していきましょう!

両建てとは「売りポジション」と「買いポジション」を同時に持つこと

両建てとは同じ通貨ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することです。

両方のポジションを建てるということから「両建て」という名称になっています。

1つ両建てをした時の具体例を見ておきましょう。

たとえば、米ドル/円(USD/JPY)で0.01ロットの買いポジションと0.01ロットの売りポジションを持ったとします。

この時、両建てが成立しており、両建てをしている間は一時的な損失の拡大やつなぎ売買をすることが可能となります。

同一通貨ペアで売り・買い同じ数量のポジションを保有していれば、理論上は決済している状態と同じで、数量に差がある場合にはその数量分のポジションを保有していることになります。

先ほどの具体例のように、米ドル/円(USD/JPY)で0.01ロットの買いポジションと0.01ロットの売りポジションを持っている時に、新たに0.01ロットの買いポジションを追加したとします。

この時、買いポジションが0.02ロットに対して売りポジションが0.01ロットということになるので、0.02-0.01=0.01ロットのポジションを持ったことになります。

海外FXでの両建ての基本的な使い方

それでは、両建てはどのような場面で使えばいいのでしょうか?

両建てには様々な使い方があります。

一つは利益を持ち越したいという場面です。

年末に含み益のあるポジションを保有している時、そのポジションを決済してしまうと年間の収支がプラスとなって税金が発生することがあります。

この利益を翌年に持ち越したいけど為替リスクを避けたいと考えた場合に、両建てという形で反対のポジションを同時に保有することで、含み益という形で翌年に持越しが可能になります。

もう一つは長期と短期のトレード戦略を同じ口座で取引する場合です。

長期的には米ドル円が上昇すると予測して買いポジションを保有しながら、短期的には米ドルが下落すると考え、一時的にそれぞれのポジションが口座内で両建てになるということがあります。

両建てを活用するのは難易度が高いように思えますが、両建てを有効活用できればさらに効率よく利益を増やすことができるでしょう。

XMが両建て取引に禁止事項を設けている理由

先述したように、海外FX業者XMでは「同一口座内・同一通貨ペアの両建てのみ可能」というルールが設けられています。

「どうせ両建てを許可するなら、このようなややこしいルールを設ける必要はないのでは?」

上記のような疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

しかし、XMが両建て取引に禁止事項を設けているのには明確な理由が存在します。

XMを始めとした多くの海外FX業者が両建て取引に禁止事項を設けているのですが、その理由は、ゼロカットシステムを悪用した取引を防ぐためです。

ゼロカットシステムとは、急激な価格変動などで口座残高を上回る損失が発生した場合でも、FX業者がマイナス分を補填して口座残高を「0(ゼロ)」にリセットするサービスのことです。

例えば、XM内の2つの口座間で通貨ぺアの売りと買いのポジションをそれぞれ保有した状態で、相場に急激な価格変動が発生した場合、どちらか一方の口座では大きく利益が発生します。

しかし、もう一方の口座では最大でも口座残高分の損失のみとなり、マイナス分はゼロカットシステムによってXMが補填するため、トレーダーは2つの口座の差額分をノーリスクで獲得することが可能となってしまいます。

このような一方的な不利益が発生するリスクを回避するために、XMでは複数口座や異なるFX業者間での両建て取引を禁止となっているのです。

海外FX業者XMで両建て取引を行うメリット

それでは、海外FX業者XMで両建て取引を行う具体的なメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

XMで両建て取引を行うメリットとしては以下のものがあげられます。

  • 両建てするとポジションを保有するための証拠金が0になる
  • 強制ロスカットを回避することができる
  • 損益を固定することで次のトレンドを見極められる
  • 両建てでもXMポイントが貯まる
  • 長期トレードと短期トレードを同時にできる

それぞれ順番に詳しく解説していきますね。

両建てするとポジションを保有するための証拠金が0になる

XMで両建て取引を行うメリット1つ目は、両建てするとポジションを保有するための証拠金が0になるということです。

買いと売りを同じロット数でエントリーした両建ての場合、それぞれのポジションを保有するための証拠金は0(ゼロ)になります。

他の海外FX業者では、片方もしくは両方のポジションの証拠金が必要なることがありますが、XMは証拠金が不要です。

先ほども少し触れましたが、両建てをしている時にはポジションを持っていない状態になるため、必要証拠金が0になるという仕組みです。

両建てをした分証拠金には余裕ができるので、新たにポジションを保有することも可能になるというメリットもあります。

なお、証拠金が0になるのはあくまで「同じロット数で両建てした場合のみ」です。売り・買いのどちらかのポジションを追加でエントリーすると、その分の証拠金が必要となるので注意しましょう。

強制ロスカットを回避することができる

XMで両建て取引を行うメリット2つ目は、強制ロスカットを回避することができるということです。

XMは、ロスカット水準が20%に設定されています。

つまり、含み損が拡大して証拠金維持率が20%を切ると強制決済になってしまいます。

例えば証拠金維持率は30%で、強制ロスカット寸前と仮定します。

このままポジションを保有していると証拠金維持率が20%を切り、強制ロスカットとなるかもしれないので、呂立てを行います。

すると証拠金は0になり、損失額も固定されます。

よって、これ以上レートが下がっても強制ロスカットが執行されません。

特に、ハイレバでトレードする方にとっては、一時的にロスカットを防ぐ手段として有効ですね。

海外FXにおける証拠金維持率の概要と強制ロスカットについて解説

損益を固定することで次のトレンドを見極められる

XMで両建て取引を行うメリット3つ目は、損益を固定することで次のトレンドを見極められるということです。

同ロットで両建てするとその時点で損益は固定されます。

レートが上がっても下がっても、それぞれのポジションの利益と損失同じ額だけ動くからです。

一旦は決済したのと同じ状況になるため、「現在のトレンドが継続するなら、利益が出ている方のポジションを持ち続ける」「トレンドが反転するなら一度両建てを解消して、再度ポジションを持ち直す。」といったトレンドを見極めるための時間ができます。

両建てによって損益を固定することで、一度落ち着いて今後のトレード戦略を練ることが可能となるでしょう。

両建てでもXMポイントが貯まる

XMで両建て取引を行うメリット4つ目は、両建てでもXMポイントが貯まるということです。

XMポイント(XMP)とは、口座開設したトレーダーが全員参加する「XMロイヤルティプログラム」で貯まるポイントのことです。

このXMポイントは、両建てすれば買いと売りの両方のポジション分貯まります。

ただし、XMポイントの獲得だけを狙って意図的に両建てをくりかえす行為は規約違反となるので注意しましょう。

XMポイントでお得にトレード!ロイヤルティプログラムを徹底解説

長期トレードと短期トレードを同時にできる

XMで両建て取引を行うメリット5つ目は、長期トレードと短期トレードを同時にできるということです。

例えば、スイングトレードでドル円の買いポジションを持っているとします。

このとき、XMでは同一口座内・同一通貨ペアの両建てが認められているため、スキャルピングでドル円の売りポジションを持つことも可能です。

XMなら、相場の状況にあわせて異なるトレード手法で利益を狙うことも可能ですよ

海外FX業者XMで両建て取引を上手に利用しよう!

いかがだったでしょうか?

今回は、海外FX業者XMでの両建て取引について徹底解説していきました!

両建ては上手に利用できれば、利益を伸ばす大きな武器となります。

XMでは「同一口座内・同一通貨ペアの両建てのみ可能」となっているので、ルールに則り両建て取引を活用してみてくださいね。

【海外FX】XMにおける口座開設・有効化方法とボーナスの受け取り方

最後まで拝読いただき、ありがとうございます!

監修者:あん

監修者:あん

大学で経済学の学位を取得後、投資に興味を持つ。為替市場の基礎知識と取引の経験を積み、相場を研究し尽くした独自の手法で資産1億円を突破。投資歴10年のプロトレーダー。そこで得たノウハウや知識を発信。

Tradexfin Limitedは、セーシェル金融庁による規制のもと、証券ディーラーライセンス番号SD010を所持しています。個人情報保護方針クッキーに関する方針契約条件についてもご確認いただけます。

Fintrade Limitedは、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)から証券ディーラーライセンス番号GB20025835を取得し、規制を受けています。個人情報保護方針クッキーに関する方針契約条件に関する詳細もご覧いただけます。

TPS Management Limitedは、キプロスのニコシアに位置するSteliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364を拠点としています。また、TPS Management LimitedはTradexfin Limitedによって完全に所有されています。

FXおよびCFD商品取引には投資元本を失う可能性が高いリスクが伴います。Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示を詳しくお読みいただき、リスクについて充分にご理解いただけますようお願い申し上げます。

以下の国々の国民または居住者に対して、当社のサービスへのアクセスが制限される場合があります(これらに限定されない):

アルバニア、バハマ、バルバドス、ボツワナ、カンボジア、ガーナ、ジャマイカ、モーリシャス、ミャンマー、ニカラグア、パキスタン、パナマ、シリア、ウガンダ、イエメン、ジンバブエ、フィリピン、トルコ、ヨルダン、アフガニスタン、アンギラ、バヌアツ。

アメリカ合衆国、カナダ、EU諸国、イラン、北朝鮮、ベリーズの市民には、弊社のサービスは提供されていません。

ご利用いただくためには、お客様は18歳以上であるか、ご自身の国の法定年齢を満たしている必要があります。口座を登録される際は、XMTradingへの登録が自己意思に基づくものであることを認識していただけますようお願い申し上げます。