勝率7割越えのレンジ相場トレードを実践解説!レンジ相場を攻略しよう

Home » トレード戦略・実践解説 » 勝率7割越えのレンジ相場トレードを実践解説!レンジ相場を攻略しよう

どうも、こんにちは!

今回は2021年11月01日のUSD/JPYでいい取引ができたので紹介したいと思います!

ポイントとしては以下の通りです。

  • レンジ相場で利益を狙う
  • MTF(マルチタイムフレーム)分析で相場の流れを読み取る

それでは早速見ていきましょう!

2021年11月01日のUSD/JPYの取引概要

今回は2021年11月01日にGBP/JPYで取引しました。

詳しい取引内容は以下の通りです。

  • エントリー時刻:2021.11.01 03:30:28
  • 決済時刻:2021.11.01 10:15:31
  • スプレッド:1.6pips
  • 取引Lot数:2.3lots(230,000通貨)
  • エントリー価格:114.766円
  • スワップ損益:0円

エントリー価格は114.766円、利益目標 はレンジの天井になっている114.400円(+36.6pips)と設定し取引を開始しました。

今回の損切りラインは、レンジの底となっている113.400円(-63.4pips)です。

今回は前回の取引までで資金が7,189,643円に増えたので、それのの2%にあたる143,793円を損失許容額とします。

取引通貨量は以下のように計算できます。

取引通貨量=143,793円÷63.4pips×100=226,802通貨(2.268lots)

計算結果は226,802通貨で2.268lotsですが、今回は四捨五入して2.3lotsとしました。

2021年11月01日のUSD/JPYのテクニカル分析

今回はテクニカル分析を行なってエントリーポイントを探していきました。

まずは日足チャートから分析していきましょう。

USD/JPY日足

上画像はUSD/JPYの日足チャートです。

赤の垂直線はエントリーした日時になっています。

チャートを見ていくと、7月ごろからはじまったレンジ相場を抜け、10月初旬ごろから上昇トレンドを形成していることがわかります。

また、今年の3月から始まった上昇トレンドでも、明確に意識されていた20MAで反発がおこっており、これからまた上昇が続くと予想できます。

したがって今現在のUSD/JPYの大きなながれは買い方向だということがわかりますね。

次に中期足を見ていきましょう!

USD/JPY1時間足

上画像はUSD/JPY1時間足を少し引いて表示させたものです。

1時間足を長期的なスパンでみると上昇トレンド終わりのレンジ相場内であることがわかります。

それでは直近の1時間足を拡大して見てみましょう。

 

拡大してみるとレンジの天井は、114.400円あたりになっていることがわかりますね。

したがって、今回の利益目標は114.400円に決定です。

直近では114.300円あたりで跳ね返っているので、そのあたりを利益目標とするのもありかと思います。

判断が難しい場合は、チャートの動きを見ながら決定していけば問題ありません。

次に損切りラインですが、レンジの底が目安です。

今回は、113.400円がレンジの底となっている損切りラインは113.400円に設定しておけばOKです。

次に短期足でエントリーポイントを探していきましょう!

USD/JPY15分足

最後に15分足でエントリーポイントを探していきます。

15分足チャートを見ても明らかな上昇トレンドを形成していることがわかりますね。

ゴールデンクロスを形成し、一目均衡表の雲もしっかりと下支えしています。

このまま、1時間足チャートで発生していたレンジの天井までは上がっていきそうですね。

エントリーポイントですが、直近で下抜けできなかった50MAでエントリーしました。

これであとは待つのみです。

それでは取引結果を見ていきましょう。

取引結果

今回の取引では黄色い丸のところでエントリーし、黄色い四角のところで決済しました。

予想通り、順調にチャートは上がっていき、1時間足チャートで発生していたレンジの天井まで到達しました。

そのまま上がっていきそうでしたので逆指値114,400円を設定ししばらく観察していました。

114.400円を一度は抜けたのですが、すぐに戻ってきて結局逆指値114,400円で決済。

利益は当初目標としていたとおりとなり、76,820円となりました。

XMでノーリスクトレードをしませんか?

FXトレードを始めたいけれど、資金のリスクが心配な方に朗報です。

海外FX業者XMが、その懸念を解消する素晴らしいオファーを提供しています。

新規に口座を開設するだけで、13,000円のボーナスがもらえるのです。

このボーナスを使えば、自己資金を一切投入せずにリアルトレードを体験できます。

さらに、XMのデモ口座を利用することで、実際の市場条件下でのトレードスキルを磨くことが可能に。

トレードで得た利益は出金も自由です。

他のFX業者と比較しても、XMのこの特別な提案は目立っています。

ボーナスの額は変更されることがあるため、早めに行動することをお勧めします。

XMでの口座開設方法やボーナスの詳細は、当サイトの専用記事で確認できます。

これで、リスクを気にせずにFXトレードの世界への一歩を踏み出しましょう!

【海外FX】XMにおける口座開設・有効化方法とボーナスの受け取り方

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回で4回目となる500万円を億にするチャレンジですが、今回の利益76,820円と前回までの2,189,643円と合わせると2,266,463円です。

前回までの資産 今回の損益 資産合計
7,189,643円 76,820円 7,266,463円

前回が1,427,700円とかなり大きな額だったので今回の利益76,820円はなんだかしょぼく感じてしまいますね。

レンジ相場を狙うとなると、どうしてもトレンド相場を狙う時よりも利益が小さくなってしまいます。

ただし、明確なトレンド相場というものはそれほど頻繁には起こりません。

相場は7割がレンジ相場だと言われているので、レンジ相場での手法を一つ獲得しておくだけで利益をコツコツと積み上げていくことができます。

今回ご紹介したトレードを参考にしてぜひ自分のトレードに活かしてくださいね。

レンジ相場は安定して稼ぐトレード手法を実践解説!欲張り厳禁

最後まで拝読いただき、ありがとうございます!

監修者:あん

監修者:あん

大学で経済学の学位を取得後、投資に興味を持つ。為替市場の基礎知識と取引の経験を積み、相場を研究し尽くした独自の手法で資産1億円を突破。投資歴10年のプロトレーダー。そこで得たノウハウや知識を発信。

Tradexfin Limitedは、セーシェル金融庁による規制のもと、証券ディーラーライセンス番号SD010を所持しています。個人情報保護方針クッキーに関する方針契約条件についてもご確認いただけます。

Fintrade Limitedは、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)から証券ディーラーライセンス番号GB20025835を取得し、規制を受けています。個人情報保護方針クッキーに関する方針契約条件に関する詳細もご覧いただけます。

TPS Management Limitedは、キプロスのニコシアに位置するSteliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364を拠点としています。また、TPS Management LimitedはTradexfin Limitedによって完全に所有されています。

FXおよびCFD商品取引には投資元本を失う可能性が高いリスクが伴います。Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示を詳しくお読みいただき、リスクについて充分にご理解いただけますようお願い申し上げます。

以下の国々の国民または居住者に対して、当社のサービスへのアクセスが制限される場合があります(これらに限定されない):

アルバニア、バハマ、バルバドス、ボツワナ、カンボジア、ガーナ、ジャマイカ、モーリシャス、ミャンマー、ニカラグア、パキスタン、パナマ、シリア、ウガンダ、イエメン、ジンバブエ、フィリピン、トルコ、ヨルダン、アフガニスタン、アンギラ、バヌアツ。

アメリカ合衆国、カナダ、EU諸国、イラン、北朝鮮、ベリーズの市民には、弊社のサービスは提供されていません。

ご利用いただくためには、お客様は18歳以上であるか、ご自身の国の法定年齢を満たしている必要があります。口座を登録される際は、XMTradingへの登録が自己意思に基づくものであることを認識していただけますようお願い申し上げます。