XM FX

DD方式とNDD方式は、FXにおける取引方式を指します。両者の違いがわからず、どちらを選べばよいかわからないと感じている方もいるでしょう。

主な違いは、トレーダーから受けた注文の処理方法です。したがって、メリット・デメリットにも大きな違いがあります。これらを理解したうえで事業者を選ぶことが重要です。

この記事では、両方式のメリット・デメリットと違いを詳しく解説しています。海外FXに挑戦したい方は確認しておきましょう。

DD方式とは?

FXにおける取引方式のひとつです。この方式を理解するため、最初にFX取引の流れを説明します。FX業者は、基本的にトレーダーから受けた注文と同じ注文をインターバンク市場へ出します(=カバー取引)。この方式では、その判断をFX業者の為替ディーラーが行います。したがって、すぐに注文を出さないことやFX業者が注文を呑んでしまうこともあります。

このように、取引にFX業者の為替ディーラーが介在する方式をDD方式と言います。ちなみに、「DD」は「Dealing Desk」、つまり為替ディーラーを意味します。

メリット

同方式には、いくつかのメリットがあります。主なメリットは次の通りです。

DD方式のメリット
・レートが安定している
・スプレッドが狭い
・ボーナスが豪華

レートが安定している

取引の環境が変わっても、レートが安定しやすい傾向があります。ここでいうレートは、スプレッドの広がり方を指します。つまり、DD方式はスプレッドが広がりにくいといえます。

実際に、この方式を採用している事業者の多くは、原則固定スプレッドを採用しています。固定できる理由は、トレーダーの注文をFX業者が呑んでいるからです。

必要が認められなければインターバンク市場へ注文を流さなくてよいため、スプレッドを自社で決定できます。したがって、以上のメリットが生まれるのです。

ただし、必ずしも常に固定されているわけではありません。例えば、原則固定で0.2銭としている事業者でも、取引環境によってはこれより高くなることがあります。

スプレッドが狭い

#image_title

レートが安定しているだけでなく、スプレッドも狭い傾向があります。NDD方式よりも取引コストを抑えやすいと考えてよいでしょう。

スプレッドが狭い理由も、トレーダーの注文をFX業者が呑んでいるからです。トレーダーが出した注文と同じ注文をインターバンク市場へ出さないため、カバー取引を行う際にかかるスプレッドは発生しません。

また、別のトレーダーから同じタイミングで出された同一通貨の売り注文と買い注文を自社内で相殺すればスプレッド分を利益にできます。DD方式は、カバー取引を必ずしも行っていないためスプレッドを狭くできるのです。

特に、取引にかかるコストが気になる方に向いている可能性があります。

ボーナスが豪華

一般的に、この方式を採用している事業者はボーナスが豪華といわれています。トレーダーの損失が主な収益源になるため予算を確保しやすいからです。具体的な内容は事業者で異なりますが、口座開設だけでボーナスが付与されることも少なくありません。

ボーナスが豪華な事業者の中には、NDD方式を併用しているところもあります。

・関連記事>>>海外FXでもらえるボーナスの使い方と注意すべきポイント

デメリット

当然ですが、注意したいデメリットも存在します。主なデメリットは次の通りです。

DD方式のデメリット
・スキャルピングが出来ない
・透明性が低い
・スリッページが起こる可能性もある
・約定拒否が起こることがある

スキャルピングが出来ない

この方式を採用している多くの事業者は、スキャルピングを禁止しています。スキャルピングは、数秒から数分単位で取引を繰り返して利益を重ねていく超短期の取引スタイルです。

禁止にしている主な理由は、取引にFX業者の為替ディーラーを介在させるため、数秒から数分単位で取引を繰り返されるとカバー取引が間に合わなくなる恐れがあるからです。タイミングによってはFX業者に大きな損失が生じるためスキャルピングを禁止しています。

短期間で何度も取引を繰り返したい方は、この方式を避けるほうがよいかもしれません。

透明性が低い

取引に為替ディーラーが介在するため、その透明性は低くなってしまう恐れがあります。注文を呑む、呑まないなどを、為替ディーラーが決定できるからです。

あくまでも可能性の話ですが、FX業者とトレーダーの利益が相反する場面で意図した取引を行えない恐れがあります。

スリッページが起こる可能性もある

意図した取引を行えない例として、スリッページがあげられます。スリッページは、注文するときに提示された価格と実際に約定した価格の差を意味します。

例えば、注文時の価格が100.01円で約定時の価格が100.00円であればスリッページは0.01円になります。基本的には為替相場の変動を受けて発生すると考えられますが、取引に為替ディーラーが介在するこの方式では意図的に行われる可能性が指摘されています。

約定拒否が起こることがある

同じく、約定拒否も意図した取引を行えない例としてあげられます。約定拒否は、何かしらの理由で出した注文が弾かれてしまうことです。

原因はさまざまですが、トレーダーとFX業者の利益が相反するときに起こる可能性があると考えられています。例えば、トレーダーに大きな利益、FX業者に大きな損失が発生するときに起こりうると考えられているのです。

絶好のチャンスを逃してしまう恐れがあるため、特に気を付けたいデメリットといえるでしょう。

「のみ行為」との関係性

「のみ行為」は、カバー取引を行わずトレーダーの注文を自社内で処理することです。以上の説明からわかる通り、DD方式と密接な関係があります。

主な問題点として、取引の不透明さが増してしまうことがあげられます。

デメリットで説明した通り、意図的にスリッページや約定拒否が発生する恐れがあります。

一方で、取引の結果には大きな影響を与えません。利益や損失は、基本的に相場の動向で決まるからです。この方式を採用している事業者を選ぶ場合は、信頼性を評価しなければなりません。

取引の不透明さが気になる方は、NDD方式を採用している事業者を選ぶとよいでしょう。

NDD方式とは?

「NDD」は「No Dealing Desk」の頭文字をとった略語です。したがって、取引に為替ディーラーが介在しない方式を指します。この方式を採用している事業者は、自社でカバー取引のタイミングなどを判断せずトレーダーの注文をインターバンク市場へすぐに出します。

メリット

考えられる主なメリットは次の通りです。

NDD方式のメリット
・取引条件が豊富
・トレーダーが有利
・透明性が高い

取引条件が豊富

この方式を採用している事業者は、取引条件を厳しく設定していない傾向があります。例えば、超短期取引スタイルのスキャルピングも行えることが一般的です。

許可している主な理由は、取引に為替ディーラーが介在しないから、そして手数料を主な収益源としているからといえるでしょう。NDD方式では、取引回数が増えると事業者の利益も増えます。

具体的な取引条件は個別の確認を必要としますが、制限を受けずに取引を行いやすいと考えられます。

トレーダーが有利

トレーダーが出した注文を機械的にインターバンク市場へ流し、複数のレートの中から自動的にベストレートを選択するため、トレーダーが有利な条件で取引を行えます。

また、為替ディーラーが介在しないことにより、他のトレーダーと同じ環境で取引を行える点も見逃せません。そのため、実力を発揮しやすい環境が整っています。

透明性が高い

取引に為替ディーラーが介在しないため、取引の透明性は非常に高いと考えられています。

状況によってはスリッページが発生することや取引が成立しないことはありますが、このようなケースでも為替ディーラーの意図的な介入を心配する必要はありません。

デメリット

考えられる主なデメリットは次の通りです。

NDD方式のデメリット
・一般的にスプレッドが広くなる

一般的にスプレッドが広くなる

この方式を採用している事業者は、スプレッドが広くなりやすいといわれています。手数料を主な収益源としているため、カバー取引の売値・買値に変動リスク分と利益分を上乗せしなければならないからです。

また、トレーダーとインターバンク市場がつながるため、レートの安定性は低くなってしまいます。したがって、重要な経済指標が発表されるタイミングや取引が少ない時間帯はスプレッドが広がりやすくなります。取引にコストがかかりやすい点には注意が必要です。

DD方式とNDD方式の違い

両方式の違いをまとめると次のようになります。

DD方式とNDD方式の違い
・DD方式は取引コストを抑えやすい
・NDD方式は取引を行いやすい
・NDD方式は取引を行いやすい
・国内FXと海外FXで採用している取引方式は異なる

DD方式は取引コストを抑えやすい

トレーダーの注文を呑むDD方式は、NDD方式に比べて取引コストを抑えやすい傾向があります。スプレッドが狭いうえレートも安定しているからです。スプレッドを原則固定としている事業者が多い点も見逃せません。

NDD方式は取引を行いやすい

為替ディーラーを介在させないNDD方式は、DD方式に比べて取引を行いやすい傾向があります。自由に取引を行える事業者が多いうえ、何かしらの意図をもった介入を心配する必要もないからです。

有利な条件で取引を行いやすい点、約定力が高いとされている点も見逃せません。

・関連記事>>>取引前に押さえておきたい海外FXのメリットとデメリット

国内FXと海外FXで採用している取引方式は異なる

国内事業者が主に採用している取引方式はDD方式、海外事業者が主に採用している取引方式はNDD方式です。取引方式の違いは、取引環境の違いとして現れています。

つまり、両方式のメリット・デメリットが、国内・海外FXのメリット・デメリットといえるのです。

取引スタイルにあわせて取引方式を選択

違いがわかりにくいDD方式とNDD方式について説明しました。前者は取引にかかるコストを抑えやすい傾向、後者は思い通りに取引しやすい傾向があります。それぞれの特徴は異なるため、重視したいポイントにあわせて選択することが大切です。

当サイトでは、海外FXの最新情報や運営者が使っている海外FX業者「XMTRADING」についてブログ形式で解説しております。

これから海外FXにチャレンジしようと考えている方は、ぜひ XMTRADINGで口座開設してみてください。

 

▼その他のおすすめ記事

XMのレバレッジ計算ツールを使ってシミュレートを算出!

【1日目】XMチャレンジ | 最短で1万から100万まで目指す

XM | 爆益、16日間で5万円が1000万円に!

【2日目】XMチャレンジ | 1万から100万まで目指す

たった3日で1万円を140万円に!|億トレが教える取引の極意

【3日目】XMチャレンジ | 1万から100万まで目指す

XMで「KIWAMI極口座」が新たに追加!最狭スプレッドかつ最大1,000倍のレバレッジを実現!

XMの勝ち方を実際に億を稼いだトレーダが伝授!

XMとは?メリット・デメリットとトレーダーからの評判について解説!

【必見】億り人流・移動平均線の実践的手法

1日10Pips|10万円から1億円までのシミュレーション

XMで稼いだ億り人が教える5つのポイント

海外FX「虎の穴」運営者がこれまでのトレード歴について紹介!

海外FXで出金拒否になる主な原因と意識したい3つの対策

XMのデモ口座のメリットと世界一分かりやすい解説方法

億り人のXMで使える4種類の移動平均線を徹底解説。

実は高い?XMTraidingの手数料の種類について解説!

MT4のダウンロード~設定方法の一連の流れについて解説!

初心者必見!海外FXの特徴から始め方を解説!

XMの1pipsはいくら?計算方法とあわせて解説!

海外FX業者XMで使える独自スマホアプリが便利!全ての手続きがアプリ一つで行える!

【基礎知識】三尊天井(トリプルトップ)と逆三尊(トリプルボトム)

XMの1ロットはいくら?必要証拠金とともに解説!

XMのマイクロ口座に期待できるメリット・デメリットと向いている人

海外FXにおけるゼロカットシステムの概要とメリット・デメリット

海外FXにおけるA-book・B-bookの違いとメリット・デメリット

XMのレバレッジ888倍を有効活用する方法を実践形式で解説!

億トレーダーでも損切りは常日頃。